ISO9001を取得|会社の社会的信用度アップ

増加する標的型攻撃

会社

これまでのウィルスといえば不特定多数にばらまくタイプが主流でしたが、最近では特定の企業を狙った標的型攻撃が増えてきました。日本だけでなく海外からの攻撃も多くあります。

もっと見る

意外と破損する身分証

スーツの男の人

社員証は首から下げて使うことが多いために、注意していても思わぬ所で破損することがあります。そのためにどうせ社員証を作るのならどんな状態でもやすやすと破損しないように丈夫なものを作って下さい。

もっと見る

資料を検索しやすくする

男女

会社には多くの資料や文書がありますが、これを管理するのはとても大変な作業です。この文書管理を効率良く行なうことができるシステムがあって、多くの会社がこのシステムを取り入れています。

もっと見る

安心品質の国際規格

女の人

ISO9001の取得をめざして

最近、数多くの企業がISO9001の取得を目指して活動を始めています。品質の国際規格であるISO9001は出来上がった製品に付与されるものではなく、仕事のプロセスに付与される規格です。そのため外部からは見えにくく、直ぐに売り上げに寄与されるものではありません。それでも各企業が挙ってISO9001の取得を目指すのは、入札の条件とする自治体が多いこと、及び企業の社会信用の礎として大きな存在となっていることに起因します。そのISO9001取得を有利に進めるには、コンサルティング企業と提携することが近道と言えます。会社の自助努力だけでは見えてこない要素を、コンサルティングの存在が有ることで、深く掘り下げることができます。

コンサルティングによる進捗状況の管理

ISO9001取得のコンサルティング選びは、大変重要です。コンサルティングが上手く機能するかどうかで、ISO取得の成功率も違ってきます。有能なコンサルティング企業は、かなり手厳しい姿勢を貫いています。会社のISO担当者が、コンサルティングに泣かされるという話も良く耳にしますが、逆にそれ位の厳しさがなければ、ISO9001の取得は叶うものではないのです。コンサルティングと提携するには、100万からの経費が必要と言われていますが、社内全体の無駄を省くという進捗の結果を完遂すれば、逆に経費の節減に繋がり、製品価格にもそれが反映されます。従って、製作単価を合理的に下げることにもなり、同業他社との競争にも非常に有利になります。コンサルティングに掛る費用は、企業に還元されるお金と考えても過言ではありません。